妊娠線予防クリーム

失敗しない妊娠線予防クリームの選び方

妊娠線予防クリームを選ぶポイント
  • ベタつかず、少量でものびの良いクリームを選ぶ
  • ニオイに敏感な時期でも使いやすい香りのものを選ぶ
  • 保湿力と価格のバランスの良いものを選ぶ
毎日使い続けてこそ効果がある妊娠線予防クリーム、使ってみたいけど、たくさんあり過ぎてどれを選んでいいか分からないという方は、無理なく毎日続けられる使いやすさをポイントに選んでみましょう。
保湿力に優れ、ベタつくことなく少量でのびがよく、香りを楽しみながらマッサージクリームとして使えるのが理想的です。

できた妊娠線は完全に消すのは困難!しっかり保湿で予防

一度出来てしまったら残念ながら完全に消えることはない妊娠線。マッサージやクリームの継続的な使用である程度まで薄くすることは可能ですが、きれいに消してしまうことは非常に困難。

ですので、妊娠線はしっかり予防して『作らない』に限ります。

妊娠線を予防するには、体重増加によっておこる急激な皮膚の伸びに対応できるように、妊娠初期から妊娠線予防クリームで毎日こまめに乾燥をしないように保湿をし、肌を柔軟に保つことが必要です。

毎日続けてこそ効果がある妊娠線予防クリームは、無理なく続けられるものを選びましょう。

保湿力やコストパフォーマンスも大切ですが、ベタついたり、クリームが硬くて伸びが悪かったり、香りがきつかったりすると、ついつい塗るのが面倒になってしまい、ケアをサボリがちになってしまうのでは意味がありません。

ニオイに敏感な時期でも心地よく使えるような爽やかな香りのものや、少量でものびがよく、繰り返し使いたくなるような使用感がよいものは、香りでリフレッシュやリラックスもでき、楽しみながらケアができるのでおすすめです。

そのうえで、コラーゲンの産生を促す成分であるシラノール誘導体や、美肌効果のあるビタミン、ヒアルロン酸やコラーゲン、プラセンタなどの美容成分や細胞を活性化させる葉酸、抗酸化作用のあるビタミンEなどが配合されている妊娠線予防クリームを選ぶようにするとより効果が期待できます。

また、妊娠中はホルモンバランスの関係で肌が普段よりも敏感になりやすく、かゆみや湿疹などの肌トラブルを招きやすいので、心配な方は、敏感肌用の低刺激のクリームを選ぶのもおすすめです。


妊娠したら始め時!妊娠線の予防は妊娠初期から

一度出来てしまうと残念ながら消えることはない妊娠線。

妊娠中は、お腹の赤ちゃんのこと、便秘、貧血、腰痛、体重管理などなど他にも考えることがいっぱいでそれどころじゃない!っと言いたいところですが、出来てしまってから悩んでも手遅れの妊娠線、知ってるのと知らないのでは大違い、事前に対策をすることで妊娠線を予防をしましょう。

妊娠線は、赤みを帯びた線のことでお腹や胸が急に大きくなり皮膚が伸ばされることによって現れます。

個人差もありますが、お腹が大きくなり始める5カ月頃から出来始め、臨月には赤ちゃんが一気に成長して急激に体重が増え、出産前の一週間は妊娠線が最もできやすく、今まで妊娠線が出来ていなかった人にも急に出来ることがあります。

中には全く出来ないという方もいらっしゃいますが、大多数の方が悩まれる妊娠線、1本だけという方から10本以上できてしまうという方もいて、お腹だけでなく、胸やおしり、太ももなど皮下脂肪が付きやすく皮膚がやわらかい場所に出来てしまいます。

では、妊娠線の予防にはどのようなものがあるのでしょう。

妊娠線はお腹や胸が急激に大きくなることによってその伸びに耐えられなくなって、出来るので、皮膚を柔軟に保っておくことで防ぐことができます。

具体的には、妊娠線予防クリームで保湿をし、乾燥させないことにつきます。

乾燥した古いゴムが切れやすい半面、新しいゴムがよく伸びるように、皮膚に妊娠線予防クリームで潤いを与えて乾燥を防ぎ、柔軟に保っておけば、妊娠線はできにくくなるという訳です。

妊娠線予防クリームとあわせて、マッサージで血行促進をしたり、無理のない程度に適度な運動をする、カロリーの高い食事を避ける、バランスの良い食事を心がけ、体重の増加を8キロ〜10キロに抑えることも妊娠線予防に効果的です。

かゆみが出だしたら、妊娠線が出来始める兆候です。

妊娠初期からお腹だけでなく、こんなところにも出来ていたなんてことにならないように全身に妊娠線予防クリームをこまめに塗って妊娠線を予防しましょう。

使って欲しい妊娠線予防クリーム

ベルタ妊娠線クリーム
ベルタ妊娠線クリーム
葉酸サプリやプエラリア、酵素ドリンクでお馴染のベルタの妊娠線クリーム。

ベルタの葉酸サプリを飲んでいるという方も多いことでしょう。

ベルタの妊娠線クリームのおすすめポイントは、シラノール誘導体が配合されていること!

シラノール誘導体は、妊娠線ができる真皮にまで届くとされているため妊娠線予防として海外でも実績があり、この成分を配合している予防クリームは数えるほどしかありません。

他にも細胞を活性化させる葉酸、コラーゲンやスーパーヒアルロン酸、プラセンタやアミノ酸、ビタミンなどの美肌成分も配合され、無添加・無香料と安全性や使いやすさにこだわった妊婦さんに優しい妊娠線クリームです。

arrow 詳しくはこちら

妊娠線が出来やすい人っている? 妊娠線が出来やすい人と出来にくい人はいる?
妊娠線は出来やすい人と出来にくい人がいますが、自分がどちらのタイプかを見分ける目安があるのでチェック…

妊娠線はお腹だけに出るの? 妊娠線はお腹だけに出るの?それ以外にも出来る?
皮下脂肪が急激に体につくとその分皮膚が伸びますが、皮下組織は伸縮性が弱いので、伸びについていくことが…

妊娠線はいつ頃から出来るの? 妊娠線はいつ頃から出来てくるの?
妊娠線というのは、お腹が大きくなったり体に脂肪がついたりすることで、皮膚が急に伸びて真皮が断裂してし…

妊娠線予防クリームは、いつから塗ればいいの? 妊娠線予防クリームは、いつから塗ればいいの?
一般的には、妊娠線の予防ケアはお腹が目立ち始める4ヶ月目ぐらいからと言われています。ですので、妊娠線…

予防クリームを使うと本当に妊娠線はできないの? 予防クリームを使うと本当に妊娠線はできないの?
妊娠線予防クリームは、名前の通り妊娠線を予防する効果が期待できるアイテムですが、これを使ったからとい…

妊娠線予防にはクリームとオイルどちらがいいの? 妊娠線予防にはクリームとオイルどちらがいいの?
妊娠線予防のアイテムはいろいろなタイプが発売されていますが、その中でも最もポピュラーなものと言えば、…

妊娠線が出来る兆候はわかるものなの? 妊娠線が出来る兆候はわかるものなの?
妊娠線は皮膚やその下の真皮が断裂してしまうことで出来ますが、断裂すると言っても急にビリっと破ける訳で…

予防クリームで保湿を心がける以外に気をつけることは? 予防クリームで保湿を心がける以外に気をつけることは?
妊娠線が出来ないようにするためには、まずは専用の予防クリームでしっかり保湿をして肌を乾燥させないのが…

妊娠線予防クリームの塗り方と塗るタイミングは? 妊娠線予防クリームの塗り方と塗るタイミングは?
妊娠線予防クリームというと、妊娠線が出来そうな部分にだけ塗れば良いと思っている方が多いようです。です…

妊娠線予防クリームはいつまで使うの? 妊娠線予防クリームはいつまで使うの?
妊娠線という名前から、妊娠線予防クリームは妊娠しているときにだけ使う、と言うイメージがありますね。…